So-net無料ブログ作成

「SGT. PEPPERS」幻の30周年記念エディション [The Beatles]

前回2回に分けて取り上げたビートルズの出版物の記事ですが、予想以上の反響をいただき、昨日はこのブログとしては今までで最高の1,800近い総アクセス数でした。ありがとうございます。やっぱビートルズはすごいわ(笑)。

今回は最近親しくさせていただいている同じソネブロ仲間のはじめたろうさんから、幻に終わった「SGT. PEPPERS」の30周年記念エディションの広告写真が見たい、とのリクエストがありましたので、今回はそれをご紹介したいと思います。

sgt30.jpg

上の写真がその広告で、当時は隔月刊で出ていたビートルズ専門誌「NOWHERE」の'97年9月に出た15号に載ったものです。

拡大してみるとこのような感じ。

sgt30-2.jpg
sgt30-3.jpg

英国EMI創立100周年とリリースから30周年を記念し、最新リマスター、オリジナルParlophoneレーベル、オリジナル・スリーヴ、ポスト・カードやバッジ入りなどといった内容の豪華BOX入り輸入盤国内仕様で「10月上旬緊急発売予定!」ということになっています。

「おー、楽しみ〜!」と思っていたのに、ところがこれがなぜか発売中止。その後の「NOWHERE」や他の雑誌などを見ても私の知る限りでは中止に関する情報はなく未だにその理由は不明ですが、リマスターが間に合わなかったとか、ジャケに不具合があったとか、それともメンバーの反対にあったとか、とにかく直前で発売出来なくなった何らかのわけがあるのでしょう。

その代わりであるかのように、翌'98年の秋に突然「WHITE ALBUM」の30周年記念限定紙ジャケ盤CDが出たのはファンに対するお詫びの意味があったのでしょうか。

もうすぐリマスター盤が出る今となってはもうどうでもいいシロモノだけど、この広告に載っているサンプル盤、今どうなってるのかなあ。

nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 8

はじめたろう

そうそう、これこれ!
早速記事にしていただいて、ありがとうございます。
ここまで仕様が決まっていて,しかも英EMI創立100周年の直輸入盤ということで明らかにイギリス主導で動いていたように思えますね。
パーロフォン・レーベルというのも泣かせます。
ところでこれ、モノじゃないですよね。そこまで書いてないか・・・。
モノ/ステレオの2イン1なんかだったりしたら最高だったんですけれど。もういいか。
by はじめたろう (2009-07-21 23:01) 

MASA

早速UPしました^^。
こういうのは日本で勝手には出せないので、やっぱりUK EMIが企画していたようですね。
発売されていれば今頃はちょっとしたレア・アイテムになってたでしょうね。

STEREOかMONOかの記載がないということはSTEREOヴァージョンでしょう。
このアルバムの場合、2 in 1だと80分前後になって両方は入らないので、出すとすると2枚組になってしまうと思いますし^^。
by MASA (2009-07-21 23:36) 

路傍の石

当時、そんなものが出るような噂を聞いたような記憶がありますが、きちんと広告で告知されてたんですね。そのことは今回初めて知りました。
でも、個人的にはこれが出たとして素直に喜べていたかどうかわかりません。
何故なら、驚愕のアンソロジー・シリーズがリリースされて狂喜した直後だったので、
ボーナス・トラックもないステレオ音源だけのストレート・リイシューでは個人的に納得しなかったような気が・・・。
ちなみにその後出た紙ジャケのホワイト・アルバムを拙は買いませんでした。

今回のリマスター、及び紙ジャケ化には随分待たされましたけど、
紆余曲折を経てのリリースということで、結果的には好ましいタイミングなんじゃないかと思いますね。
by 路傍の石 (2009-07-22 00:23) 

MASA

路傍さん、こんばんはー。
この広告は私もこの「NOWHERE」以外の他の雑誌などでは見たことがないので、多分このあとすぐに発売中止が決まり、以後これ以外の雑誌等には載らなかったのかも知れません。

あら、路傍さん、紙ジャケのホワイト買わなかったんですか。
なるほど、おっしゃるとおり「アンソロジー」のあとでは確かに納得出来ない部分もあるかも知れませんね。
まあ限定盤という言葉に弱い私なら、それに惹かれて絶対買ったと思います(笑)。

長いこと待たされたリマスターですが、リリースまで2ヶ月切りましたね。
早く聴きたいもんです^^。
by MASA (2009-07-22 01:38) 

ryo

97年というと、小学校二年ですからそんなこと知る由もなく。
でもこの企画盤が実際にリリースされていたら馬鹿売れしてたでしょうね。
後のLet It Be Naked...のような感じで。
Let It Beがそのような形でリリースされたことを考えても、発売中止の原因が知りたいですね。
リマスター盤が出るまでこんな紆余曲折があったとは・・・
初めて知りました。
by ryo (2009-07-22 23:07) 

MASA

まあ限定発売ということもあって、出ていれば売れたでしょうね。
中止の理由は一体なんだったのか、知りたいもんですねえ。
一旦はリマスターが完成したものの、急にジョージ・マーティンの気が変わったとか、じゃなくピーター・コビンがリマスターをやってて、それにマーティンがケチを付けた、とかだったりする可能性もありますねえ(笑)。
by MASA (2009-07-23 00:35) 

pinkisland

 これは中止になったとは、以前聞いたことがあったような気がしますが、ノーウェアの広告に出ていたのですね、知りませんでした。

リマスターが間に合わなかったと、聞いた事があるような気がします。

HMVのボックスにもバッジが入ってましたね。
by pinkisland (2009-07-23 20:32) 

MASA

pinkさん、こんばんはー。
実際にこの広告を見た人はやっぱり少ないんですかねえ。
そうするとはやはりこの号の「NOWHERE」にたった1回載ったっきりなのかも知れませんね。

あ、やっぱり中止の理由はリマスターが間に合わなかったんですか。
HMVのボックスのバッジ、安っぽかったですよね(笑)。
by MASA (2009-07-23 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。