So-net無料ブログ作成

ビートルズがゾンビに?! [You Tube]

You Tubeを観ていたら、偶然ヘンな動画を見つけました。
Barely Politicalというチャンネルの動画ですが、ここはどうもいろんなものをパロディ化した映像を作っているところらしく、下に貼った動画はビートルズのパロディで、4人がなぜかゾンビと銃撃戦を繰り広げるという内容。最後はゾンビとなった4人がゾンビのエド・サリヴァン・ショウに出演して曲を演奏するという、なんじゃこりゃ?な動画(笑)。



ちょっと悪意を感じる動画ですが、ビートルズのゲーム「THE BEATLES ROCK BAND」をゾンビと戦うゲームにしたパロディが基本にあるようで、4人とも顔は似てないけどしゃべり方は似せているようです。
英語だからセリフの内容は半分も分かりませんが、ジョンがゾンビを撃ち殺しながら「天国なんかないと想像してみ」とか、「キリストより偉大になった気分」とか、リンゴが銃の撃ち過ぎで「指にマメが出来ちまった〜ぁ!」とか、モンスターに捕まり「I need you little help from my friends!」とか、いろいろ言ってるのが笑えます^^。

ゾンビ・サリヴァン・ショーで披露している曲もけっこうよく出来てるし、まあラトルズまでとは行かないけど、そこそこ面白いという感じ。でも何でゾンビ?(笑)
他にもここにはオバマバットマンなど様々なパロディの動画があって、大笑い出来るものもあればそうでもないものもありと、内容は様々ですね。

ホントはトッド・ラングレンの映像をいろいろ観ていた中で偶然見つけたものですが、そのトッド率いるUTOPIAのビートルズへオマージュを捧げた「 I Just Want To Touch You」、まるでXTCみたいな「Feet Don't Fail Me Now」を最後にお口直しに貼っておきます。








ミート・ザ・ユートピア(K2HD/紙ジャケット仕様)

ミート・ザ・ユートピア(K2HD/紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: CD

Utopia

Utopia

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ZYX
  • 発売日: 1997/04/15
  • メディア: CD



全英が驚愕・感動したオバサン [You Tube]

このオバサン、ご存知でしょうか。

20090420-00000001-jijp-int-view-000.jpg

You Tubeでものすごいアクセス数だというこの英国のオバサン、すでにあちこちで話題になっているのでご存知の方も多いと思います。

「アメリカン・アイドル」の毒舌審査でお馴染みのサイモン・コーウェルが同じく審査員を務めるイギリスのオーディション番組「Britain's Got Talent」に出場したこのオバサンの名前はSusan Boyle

失礼ながら決してルックスもスタイルもいいとは言えないサエないこの47才独身・ついでにキス未経験というオバサンが登場した初めのうちは審査員も観客も誰ひとり彼女の歌に期待する人はいなかった。

審査員のサイモンの質問に「エレイン・ペイジみたいな歌手が目標」などという、この時点では身の程知らずと思われた希望を語り、何だかぎこちない笑いを誘うやりとりのあと、彼女はおもむろにミュージカル「レ・ミゼラブル」の挿入歌「I Dreamed A Dream」を歌いだす。
が、その瞬間、会場の空気はガラリと一変した。

サエない見た目からすっかり彼女をナメ切っていた3人の審査員が、そして会場にいた観客全員がその意外な歌声に驚き感動した。見た目とあまりに違いすぎる見事な歌声に、歌っている途中から会場はスタンディング・オベーションの拍手の嵐。

私も初めはどんな面白映像なんだろう、と思って観たのだが、そのあまりにも素晴らしい歌声にすっかり感動してしまった(ToT)。選曲がまたよかったねー。泣きのバラードだもん。
このオバサンには参りました。 じっくり聴くと決して完璧ではないのだが、まあギャップの勝利だ。
彼女の人生は今後大きく変わることだろう。これだけの話題性があれば、もっとこぎれいになってプロとして再び我々の前に現れるのも時間の問題かも。


驚きの映像はコチラでご覧下さい。
    ↓
http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg(日本語字幕付き)

http://www.youtube.com/watch?v=luRmM1J1sfg(HD画質のオリジナル)


タグ:Susan Boyle

テクノ・ポップの名曲たち [You Tube]

こないだまたヒマにまかせて夜中にYou Tubeを観ていたら、懐かしい80年代のテクノ・ポップのPVにぶつかり、いろいろ観てしまった。
最近はPerfumeの大ブレイクによってテクノが見直されているらしいが、昔からテクノ・ポップは大好きだ。
人間による血の通った熱い演奏ももちろんいいが、これとは真逆に位置する、ある意味そういう生身の感覚を敢えて拒絶するかのようなコンピュータやシンセを駆使した機械的で無機質なピコピコ・サウンドも好きである。少なくとも私は出始めの時から新しい音楽としてテクノ・ポップを受け入れることが出来た。

デトロイト・テクノなど80年代後半〜90年代以降のハード・コア・テクノは昔のテクノ・ポップとは別物だしほとんど聴いていないのでここは省略します^^;。
実はPerfumeなんかはこの辺の影響も強いようだが、いかんせん聴いていないので何とも言えないのが情けない(苦笑)。

欧米ではエレクトロ・ポップと呼ばれたこの音楽が最初の隆盛を極めたのが70年代末〜80年代にポスト・パンクから派生して生まれたニュー・ウェーヴ・ムーヴメントのいちジャンルとしてだった。
そもそもはジョルジオ・モロダークラフトワークにより70年代後半にドイツから発信された音楽で、これがUKのニュー・ウェーヴ・シーンを発端として世界中に飛び火。
日本でもこの動きがYMO、プラスティックス、ヒカシューなどを生み出したことはご存知のとおりだ。
その後テクノは確立されたジャンルとなり、シンセやコンピュータは80年代以降現在に至るまであらゆる音楽にとって重要なツールとなる。

そこで今回はYou Tubeで見つけて来たテクノ・ポップの歴史的名曲を何曲がご紹介したいと思います。

techno.jpg

お好きな方だけお付き合い下さい^^;>>


You Tube で見つけた懐かしの歌謡曲 [You Tube]

最近ちょっとネタがないのであります^^;
そんな中、You Tubeで遊んでいたら、まあよくこんなものが!という'70年代の歌謡曲の超レアな映像がザクザク出てくるじゃあ〜りませんか(古っ!)

実は私、地味にいしだあゆみのファンだったのだが、この人の貴重な映像もいくつかあった。
いしだあゆみといえば「ブルーライト・ヨコハマ」だが、これ以外にだってたくさん名曲がある。この「あなたならどうする」なかにし礼・筒美京平の手による名曲中の名曲。このノン・ビブラート唱法は西田佐知子と並び、この人の特徴だ。
♪泣くの 歩くの 死んじゃうの〜♪
と、最終的にいきなり死に向かう極端な展開がすごいねえ。



上の「あなたならどうする」と同じ1970年のヒット曲、森山加代子「白い蝶のサンバ」
そう言えばふたりともまだ10代だった'60年代初頭から活躍していたが20代初めまでしばらく低迷し、森山はこの曲で、いしだも'68年の「太陽は泣いている」でそれぞれ5、6年ぶりの復活となったのだった。
ご両人とも整形疑惑があったが、森山のアゴのホクロだけは昔と変わらなかった。

それはともかく、この曲もまさに昭和の名曲。作詞は阿久悠、作曲井上かつお
マイナーからサビでメジャーに転調するところと16分音符に細かく刻まれた「あなたに抱かれて」の早口ソングになる部分が印象的だ。歌詞もエッチだよなあ(笑)。



この曲も1970年。名曲が多い年だったんだなあ。ちあきなおみ「四つのお願い」
確かこれがデビューして3枚目か4枚目のシングルだったと思うが、歌謡曲とも演歌ともつかないビミョーなアレンジとちあきの歌唱法がユニーク。
「三つ あなたの好きなこと 四つ そのあと私にしてね」なんていう当時としてはちょっとエロい歌詞が、ちあきのそこはかとなく漂う大人のお色気と相まって、当時思春期を迎えつつあった中学生の私を翻弄したのであった(笑)。
この2年後に出した「喝采」で、ちあきはレコード大賞をものにすることとなる。



'70年代前半の女性アイドルの代名詞と言えば、この人・天地真理。自分のテレビ番組をいくつか持ち、さらには筆入れ、下敷きなどの文房具やおもちゃに自転車までと様々なグッズ展開までして一世を風靡したものだ。

'73年の「恋する夏の日」は珍しくロック・テイストのハードなギターがフィーチャーされた名曲だが、今見るとこの人ってどことなく堀北真希に似てるじゃん(笑)。てゆーか、堀北の方がこっちに似てるって言うべきなんだろうけども(笑)。
しかしかつての国民的アイドルも、今は見るも無惨なただの太ったオバサンになってしまったのが悲しい限りである。



こうして聴くと、昔の歌謡曲って歌詞がシンプルで分かりやすいしメロディもすごくキャッチーだねー。何より懐かしいなあ〜。嗚呼、昭和は遠くなりにけり。
こんな感じで第2弾やるかも、です。


超絶ヘヴィメタ少女 [You Tube]

You Tubeでたまたま見つけた動画。
このコはメタル布教活動をしているそうです。もちろんシロウトさんです。

それにしてもうますぎ!超絶ギター・テクを披露してます。

タイトルは「ストラト購入記念としてBURNのギターを弾いてみました」



どうやってこんなテクを身に付けたんだか。
なんか分かんないけど、これ見てたら思いっきりギター弾きたくなるわー(笑)。
パープルも聴きたくなるわー(笑)。


もっと見たい人はコチラ
   ↓
http://jp.youtube.com/user/17586063


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。