So-net無料ブログ作成
検索選択

最近ゲットした中古盤 [中古盤]

おととい11日から1週間お盆休みで家でゴロゴロしているワタシです。そんな中この間近所のブックオフで中古盤3枚をゲットして来ました。

USED.JPG

まずはYMOの出世作「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」からご紹介しましょう。

ymo.JPG

ハァ?今さらYMO?とお思いでしょうが、実はこれ、ワタシが地味に密かに探していたイエローカラーの初回プレス。残念ながら帯はありません。

ymo2.JPG

このアルバムはリアルタイムで購入した2nd.プレスを持っていますが(手前の帯付きがそれ)、

ymo3.JPG

この2枚のジャケを比較したところ、何とジャケにも違いが。2nd.プレスは文字や縁取りの線の色がシルバーですが、初回盤のジャケの文字色はブルーが濃く出たシルバーでちょっと印象が異なります。

ymo4.JPG

さらにインナー・スリーヴの真っ黒な裏面の取り出し口は初期プレスが真っ直ぐなのに対し、2nd.プレスはレコを取り出しやすいように真ん中辺がカーブ状にカットされています。紙質もちょっと違いがあって、初期プレス盤の方はややツヤがある感じの紙を使用。

ymo5.jpg

レーベルデザインが異なる3rd.プレスと思われるレコも置いてありましたが、そちらのインナーは歌詞が書かれているオモテ面が両サイド折り返し仕様になっていました。う〜ん、意外に奥が深いぞ、このレコ(笑)。

--------------------------------------------------------------------------------------

続いては'70年にエレック・レコードから発売されたよしだたくろうのライヴ盤「たくろうオン・ステージ ともだち」。ちょっとヨレヨレですが帯も付いていたので思わずゲットしました。

takuro.JPG

昔はたくろうエレック盤はプレミアが付いてちょっと高めだったものですが、今は帯付きでもほぼ二束三文(笑)。おかげで108円でゲット出来ました。

takuro2.JPG

このアルバム、高校1年だったか2年だったかの頃、夏に隣りの家の大学生のお兄さんの部屋の窓からいつも聴こえていたアルバムで、当時ギターを覚えたてでたくろうが大好きだったワタシと弟はこのアルバムが聴こえて来ると「お、またかけてるよ、隣りのあんちゃん」とか言いながら窓越しに二人で聴き入ったものです。あれから40余年、懐かしい思い出です^^。

カセットに録音したものを聴いていた頃から数えて30数年振りに聴きましたが、いやあ、今聴いてもそれほど古臭さは感じず、シンプルながらいいライヴです。ユーモア溢れるMC中の「〜でありますが」という当時のたくろう独特の言い回しだけが時代を感じさせます(笑)。当然ながら声も若い。

--------------------------------------------------------------------------------------

最後はスージー・クアトロ'74年リリースの3rd.アルバム「QUATRO」

suzi.JPG

オリジナルはUK EMI系列のRAK盤ですが、ゲットしたものはUS BELL盤。

裏ジャケ。ジャンプ・スーツの下にはいつも下着を付けていなかったとか(笑)。

suzi2.JPG

レーベル。

suzi3.JPG

ヒット・シングルの「Devil Gate Drive(悪魔とドライブ)」、「Too Big(トゥ・ビッグ)」、「The Wild One(ワイルド・ワン)」が収録されていますが、「ワイルド・ワン」はシングル・ヴァージョンとは全く異なるミディアム・テンポの別テイク。これは今回初めて知りました。何しろこの人のレコはその「ワイルド・ワン」のシングル盤1枚しか持っていないもので全然詳しくありません(笑)。
それにしてもアルバム・ヴァージョンはシングル・ヴァージョンよりもパンチがないアレンジで今イチな感じ。

その「ワイルド・ワン」のシングル(B面はアルバム未収録)。

wildone.jpg

エルヴィス「Trouble」のカヴァーなどもやっていて全体的にはなかなか悪くないロックンロールな内容です。

nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 7

Johnny The Fox

MASAさん、お久しぶりですっていうか、覚えていらっしゃいますか(^^;)
2003年にソニーから出たのジャケは初回盤のデザインきちんと再現してますよ。
ディスクのレーベル面も初回のイエロー・カラー盤再現しています。
残念ながら内袋までは再現されていません・・・
アナログ盤は処分しちゃったんですが、ジャケットのバリエーションって物欲をそそりますね。

by Johnny The Fox (2014-08-13 19:44) 

 Johnny The Fox

すみません、入力ミスがありました。
紙ジャケCDの話でした(^^;)
by Johnny The Fox (2014-08-13 19:47) 

Speakeasy

『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』のイエロー・ヴァイナルいいですね~YMOはディスク・ユニオンの収納ボックス欲しさに紙ジャケを2回も買いそろえましたよ(笑)吉田拓郎は、あまり聴いたことがないですが、「ビートルズが教えてくれた」という曲が好きです。スージー・クアトロ!絶対好きなのに、CDを購入したことがありません。早く紙ジャケ化されないかな~
by Speakeasy (2014-08-13 20:45) 

paddies

おはようございます。
「たくろうオン・ステージ ともだち」は少し前のマイ・たくろう・ブームの時に手に入れました。
ニッポン放送・実況録音盤とあるように昔ながらのライブ盤という感じがいいですよね。
そういえば、スージー・クアトロのレコードってほとんどが国内盤なような・・・US盤というのがいいですね。
by paddies (2014-08-14 07:56) 

MASA

Johnny The Foxさん、もちろん覚えてますよ。お久しぶりですね。
そうですか、紙ジャケはちゃんと初回を踏襲してますか。
この初回盤、それほど積極的に探していたわけもないので入手まで時間がかかりましたが、まさかブックオフで見つけるとは思ってもいませんでした。
しかもタッタの108円で。やっぱりあそこは価値が分かってませんねえ(笑)。

それにしてもこのアルバム、意外にバリエーションがあるのでちょっと驚いています。
by MASA (2014-08-15 00:21) 

MASA

Speakeasyさん、どーもどーも。
拓郎はけっこう好きで、70年代のアルバムなら大体持ってます。
何しろこの人でギター覚えましたから(笑)。
「ビートルズが教えてくれた」は「伽草子」というアルバムに収録されていますが、ビートルズのコピーバンド、バッドボーイズに拓郎が提供した曲としても有名ですね。

スージー・クアトロはワタシもアルバムをちゃんと聴くのはこれが初めてで、あんまり詳しくないです。
そっか、まだ紙ジャケ化されていないんですね。取りあえずこのアルバムはオススメですよ。
by MASA (2014-08-15 00:30) 

MASA

paddiesさん、どーもです。
おー、そうですか、「たくろうオン・ステージ」お持ちですか。なかなかいい内容ですよね、これ。
緑のジャケの2枚組のライヴ盤もありますが、あれもいいですね。

スージー・クアトロのこのアルバム、ワタシもUS盤はちょっと珍しいのでゲットしましたが、UKオリジナル盤を含め輸入盤はあんまり見かけたことないですね。
まあワタシが知らないだけであるところにはあるんでしょうけどね(笑)。

by MASA (2014-08-15 00:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。