So-net無料ブログ作成
検索選択

Tommy February6「TOMMY CANDY ♡ SHOP SUGAR ♡ ME」 [J-POP]

別キャラのTommy Heavenly6のアルバムと2枚組でリリースされた昨年のアルバム「FEBRUARY & HEAVENLY」に続くTommy February6のニュー・アルバム「TOMMY CANDY ♡ SHOP SUGAR ♡ ME」が6/12に発売されました。

tommy1.jpg

もともとは2011年リリースのフル・アルバムになる予定が、あの東北地方太平洋沖地震でモチベーションが下がったことが原因でレコーディングを中止したためにミニ・アルバムとなってしまったという前作を除けば、2002年のデビューから数えてこれがトミフェブ名義のオリジナル・フル・アルバムとしてはようやく3枚目。

ダークサイドのトミヘヴのアルバムやベスト盤などが出ているためけっこうアルバムを出しているイメージがありますが、意外にもこのアルバム、2004年の2nd.アルバム「TOMMY AIRLINE」以来実に9年ぶりであります!

今回も初回限定盤は縦長の特殊サイズのデジパックで、2曲のPVが収録されたDVD付き。ブックレットのデザインや載っている写真もポップ。クリーム・ソーダ型のシールも付いてます。

tommy2.jpg

ブックレットの写真の一部。

tommy3.jpg

前回は上記の理由でレコーディングを中止したうち完成していた7曲だけを収録したミニ・アルバムだったためどうしてももの足りなさが残り、さらにこの人の特徴である煌めくようなキャンディ・ポップ度も幾分低めでしたが、今回は初期のアルバムほどではないにしろあのキラキラ度がやや戻った感じでなかなかいいです。2月6の誕生日に発売されたシングル「Be My Valentine / 愛の♡愛の星」も収録。

しかも今回は半分くらいの曲が英語で歌われていて、そのどれもが欧米の女性ポップ・アーティストの曲と比べても引けを取らないほどの高水準なのが素晴らしい。在籍しているブリリアント・グリーンのブレイク前の曲が全曲英語だったことを思い出しましたが、昔からTommyは英語がうまかったし、声は元々ポップス向きでした。

もうちょっと、という不満はありますが、まあ前作よりはいつものガーリーで大人可愛いポップな感じが戻り、相変わらずの萌え系メガネ・キャラ設定もブレていない今回の久々のフル・アルバム、なかなか上出来だと思います。
それにしてもこの人、ブリグリでのデビューから数えるとキャリアが15〜16年くらいになりもうアラ・フォーのはずですが、お肌ツルツルで恐ろしいほど老けませんね(笑)。

tommy6.jpg









TOMMY CANDY SHOP  SUGAR  ME(初回限定盤)

TOMMY CANDY SHOP SUGAR ME(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/06/12
  • メディア: CD

Tommy february6

Tommy february6

  • アーティスト: Tommy february6,Tommy february6,Bob Crewe,MALIBU CONVERTIBLE
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS
  • 発売日: 2002/02/06
  • メディア: CD

Tommy february6

Tommy february6

  • アーティスト: Tommy february6,Tommy february6,Bob Crewe,MALIBU CONVERTIBLE
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS
  • 発売日: 2002/02/06
  • メディア: CD

Tommy airline

Tommy airline

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS
  • 発売日: 2004/03/17
  • メディア: CD

Strawberry Cream Soda Pop“Daydream”

Strawberry Cream Soda Pop“Daydream”

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS(SME)(M)
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: CD



タグ:Tommy february6
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

井戸ビシャス

トミーフェブラリーって、活動してるんですね!けっこう長いですよね。
1stはよく聴きました。この人、僕の中では80年代ものリバイバルの先駆者なのですが。
by 井戸ビシャス (2013-06-20 08:59) 

MASA

井戸ビシャスさん、どーもです。
事務所とレコード会社の移籍があってちょっと活動が休止した期間もありますが、昨年トミ・フェブとしては数年振りに本格的に始動しました。

確かにカイリー・ミノーグ風というか、ストック・エイトキン・ウォーターマン風の80年代エレ・ポップ感覚がワタシもお気に入りでした。
今後も期待してます。
by MASA (2013-06-23 02:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。