So-net無料ブログ作成
検索選択

TOM TOM CLUB のアナログ盤 [Analog]

トーキングヘッズクリス・フランツ&ティナ・ウェイマス夫妻によるユニット、トム・トム・クラブの'81年リリースのデビュー盤のUK Islandオリジナル盤を先日ヤフオクにてゲットしました。
80年代が青春時代だった方ならトム・トム・クラブは懐かしいと思いますが、これを機会に今回はそのトム・トム・クラブのアナログ盤をいくつかご紹介したいと思います。

まずは先日ゲットしたデビュー・アルバムから。

tomtom.JPG

このアルバムは'81年の発売当時はオリジナルであるUK Island盤がほとんど出回っておらず、ワタシは大量に出回っていたSIREレーベルのUS盤を購入しましたが、UK盤は機会があればずっと欲しいなと思っていました。ジャケの状態が今イチですが、今回格安でゲット出来ました。

インナースリーヴは当時使われていた広告スリーヴ。

tomtom2.JPG

レーベルはカスタム・レーベルで、A面がライト・グリーン、

label.JPG

B面はピンクになっています。

label2.JPG

ちなみにこちらが今まで聴いていたUS SIRE盤のレーベル。

label-us.JPG

しかもこのUK盤、届いてから分かったのですが初回プレスではなく、B面の曲目が12インチでリリースされた「Under The Boardwalk」などに差し替えられた'82年の2nd.エディションでした。
2曲目の「Lorelei」と3曲目の「On, On, On,On」「Under The Boardwalk」の12インチのB面に収録されていたロング・ヴァージョンで、4曲目が「Under The Boardwalk」、通常盤に収録されている「Booming And Zooming」は未収録です。
ちなみに'80年代末期に初めてCD化された際にはこの2nd.エディションと同じ曲目でCD化されています。

こちらが'82年8月頃に発売された「Under The Boardwalk」の12インチ。

boadwalk.JPG

その他、「Wordy Rappinghood / Elephant」「Genius Of Love / Lorelei ( Inst.)」の12インチも持ってます。どちらもロング・ヴァージョンのリミックスで、現在は2009年にリリースされたDXエディションのCDで聴くことが出来るようです(ワタシは未所有)。

12inch.JPG

アルバムの音質を比較したところUK盤とUS盤に大きな差はなく、両方とも似たような音質です。

続いて、2009年のDXエディションで初CD化された'83年の2nd.アルバム「CLOSE TO THE BONE」
ワタシが持っているのはUK Islandから限定発売されたオレンジのカラー盤。ジャケはコーティングされた美しい仕上がりです。

2nd.JPG

前作からちょっと間を置いてUKでは1988年、USでは'89年にリリースされた3rd.アルバム「BOOM BOOM chi BOOM BOOM」FONTANAからリリースされたUKアナログ盤とSIREからリリースのUS盤のCDを持っていますが、ご覧のとおりジャケが異なるのはもちろん、収録曲もちょっと異なるという変則盤。

boom.JPG

どちらも11曲ずつ収録されていますが、そのうち2枚で共通している曲が7曲で、その他の4曲はそれぞれのアルバムでなければ聴けません。なぜUKとUSで曲目が異なるというこのようなリリースの仕方をしたのかはナゾです。

現在も地道に活動を続け、たまにアルバムをリリースしているトム・トム・クラブですが、ここ10年くらいの間にリリースされているアルバムは残念ながら買いそびれていて1枚も持っていません。でもインパクトの強さではやっぱりデビュー盤が一番ですかね。



今でも超ミニを穿きこなす(笑)ティナ・ウェイマス

Tina_weymouth.JPG




Tom Tom Club (Dlx) (Exp)

Tom Tom Club (Dlx) (Exp)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal UK
  • 発売日: 2009/05/14
  • メディア: CD

Boom Boom Chi Boom Boom

Boom Boom Chi Boom Boom

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。