So-net無料ブログ作成

懐かしのビートルズの海賊盤 [The Beatles]

IMG_1973.jpg

上の写真は1974年にワタシが初めて買ったビートルズの海賊盤「RENAISSANCE MINSTRELS volume II」。海賊盤界では有名なTMOQ"Trade Mark Of Quarity"の略)から出たものです。

裏ジャケ。

IMG_1974.jpg

'73年くらいまでの間にビートルズのオリジナル・アルバムが一応揃った後、当時の音楽雑誌「音楽専科」ビートルズの海賊盤特集などで調べてついにワタシも海賊盤(ブートレッグ)に手を出すに至りました。ちょっと妙にコーフンしながら買って帰ったのを思い出します。

A面はグリン・ジョーンズが手がけた幻のアルバム「GET BACK」のアセテート盤からのコピーで、海賊盤初体験だったワタシはこれを聴いて正規盤とは異なる怒涛のテイクにブッ飛びました。しかもstereo録音。
海賊盤は音質がひどく悪いと聞いていたのにこれは音質もまずまずだったのにも感激しました。中でも「Teddy Boy」はのちにポールが初のソロ・アルバム「McCARTNEY」で発表したヴァージョンよりも今だにこちらのビートルズ・ヴァージョンの方が好きです。



B面1曲目の鳥の羽ばたきヴァージョンの「Across The Universe」は今なら普通に聴けますが(「PAST MASTERS」に収録)当時はとてもレアなヴァージョンで、これにもエラく感激したのを覚えています。
残りは正規盤シングルからのコピーですが、これのおかげで「The Inner Light」、「I'm Down」などのアルバム未収録のシングルをしばらくは買わずにいました。懐かしいなぁ〜(≧∇≦)。
実はこれと一緒にもう1枚、日本武道館公演のブートも買ったのですが、そちらは後から別なブートを入手したため処分してしまいました。

このあとCD時代になっても随分と海賊盤を集め、多い時で100枚近く持ってましたが、BBCのライヴ音源や未発表のスタジオ・アウトテイク、未発表のstereoミックスなどの一部が「BBC LIVE」「ANTHOLOGY」シリーズなどで公式に発表されたので、これ以降にいらないと判断したものはことごとく処分しました。
それでも今でも30〜40枚くらいの海賊盤はまだ手元に残っています。

(※ この記事はFacebookに投稿した記事を加筆・修正の上転載したものです。)


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 1

てらだ

いいですね、70年代の海賊盤。
当時、私は中学生でしたが懐かしくて、なんだかホッとする話題です。
(海賊盤でホッとするっていうのも変ですかね)

「テデイ・ボーイ」も大好きな曲でしたが、数年後に本家「マッカートニー」収録の同曲を聴いてガッカリしたことを思い出します。

ちなみに「サージェント・ペパー」のMASAさんの意見、私もまったく同感です。
よくぞ書いてくれました(嬉)

by てらだ (2017-06-15 21:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。