So-net無料ブログ作成
検索選択

「RAM」DX Edition到着! [The Beatles]

ram-banner.jpg

今日は都合により仕事がたまたま午前中で終わったのですが、昼過ぎに帰ってみると、届いていました、待望の「RAM」DXエディション

ram.jpg

今まで出たアーカイヴ・レコクションはブック型でしたが、今回はボックス仕様で内容もものすごく豪華。ポール本人はもとより、このコレクションを制作した関係者の愛情を感じる重厚な作りです。いやあ、このアルバムが死ぬほど大好きなワタシにとってはホント今回は感無量、冠二郎ですわ(笑)。

ram2.jpg

110ページに及ぶブックレッとはモノクロとカラーのズッシリとした作り。
こんなリンダとのほのぼのとするツー・ショット写真に娘の写真、

ram3.jpg

この写真では何と「Oh Woman, Oh Why」に入っている銃声はポール本人による銃の発砲と判明。

ram4.jpg

宣材写真として使われた5枚のナマ写真風のセット

ram5.jpg

様々な紙質や、ウラに文字やシミが透けているところまでも再現して、まるでホンモノのような作りの草稿段階の直筆の歌詞。これは驚くくらい凝ってる!

ram6.jpg

サイズが小さくて中はお見せ出来ませんが、リンダが撮影したポールとヒツジとのいろんなショットがたくさん載ったミニ・ブックレット。

ram7.jpg

こちらが4枚のCD+DVD1枚の写真。

ram8.jpg

一応ひと通り聴きましたが、リマスターされたアルバムの音質はかなり素晴らしく、デジタル臭い硬さもなくメリハリが利いた音。

目玉のmonoミックスですが、「Too Many People」「Smile Away」「Ram on」(Repriseの方)など、フェイド・アウトで終わる曲のほとんどはエンディングが数秒長くstereoでは聴けない部分があったり、「Eat At Homeでは間奏のリード・ギターのところにstereoには入っているポールのかけ声が入っていないなど、極々細かいながらもいくつかミックス違いを発見しました。
もっと聴き込んで探せばまだあるかも知れませんが、これはコアなファンなら一聴の価値ありですぞ。
同時に注文していたmonoのアナログ盤はもうすぐ到着予定です。

DVDもひと通り観ましたが、今まで観たことがない映像によるPVやライヴなど、まあまあの内容。



ちなみに先日こんな本も買いました。

ram9.jpg

創刊当時はしばらく定期購読していたこともあるCROSSBEATの7月号は「RAM」を中心としたポール生誕70周年特集。
ポールシルヴァー・ビートルズ時代にちょっとだけ芸名で使っていた"Paul Ramon"から「Ram on」→「RAM」というタイトルになったとか(ってことはこのアルバム・タイトル、ポール本人を意味してるってことか)、「Too Many People」vs.「How Do You Sleep?」でのジョン&ポールのケンカはジョンが誰かに「仕返しの歌作っちゃいなよ」とそそのかされたから始まったなど、けっこう興味深い記事もあったりして、なかなか面白い内容です。





Ram

Ram

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hear Music
  • 発売日: 2012/05/22
  • メディア: CD

Ram [Analog]

Ram [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hear Music
  • 発売日: 2012/05/22
  • メディア: LP Record

Ram [Analog]

Ram [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hear Music
  • 発売日: 2012/05/22
  • メディア: LP Record

CROSSBEAT (クロスビート) 2012年 07月号

CROSSBEAT (クロスビート) 2012年 07月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 雑誌



nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 8

pinkisland

MASAさん、こんにちは。

うおー、これは良いですね。俄然欲しくなりました。軍資金が心細いのですが、そうは言ってられませんね。日本版で検討したいと思います。ありがとうございました。
by pinkisland (2012-05-24 23:52) 

MASA

pinkさん、こんばんはー。
ポール・ファンはもとより、このアルバムがお好きな人ならマスト・アイテムと言い切りましょう、これ(笑)。
日本盤は来週のようですが、何とか軍資金をひねり出してゲットする価値は充分にありますよん。
by MASA (2012-05-25 00:02) 

へどろん

うひょー!もう出たんですね♪
自分は国内盤の予定…今まで安レコだけで聴き続けてきたんで…うふふ♪
しかし、今までより数段豪華な仕様…楽しみっす♪

MONOアナログの記事も楽しみっす…♪
by へどろん (2012-05-25 00:14) 

MASA

へどろんさん、こんばんは〜。
いやあ、殴り書きの歌詞のコピーとか、よくこんなもんが残ってたなあと関心するし、写真も豊富で今までの中で一番資料性が高いですねー。

mono盤が到着したらまた記事にしますので、もうしばらくお待ち下さい^^。
by MASA (2012-05-25 00:35) 

ミネちゃん

こんにちは。
ソロのポールってほとんど聞いたことないんですよ。
ウィングスは紙ジャケで揃っているんですけど。
国内盤2枚組を買って聴こうと思います。
by ミネちゃん (2012-05-25 17:35) 

MASA

ミネちゃんさん、こんばんは。
とにかくこのアルバムだけは聴いて下さい。全ロック・ファン必聴ですよ(笑)。
ポールがキライとか甘すぎる、なんていう人がこのアルバムを聴いたら、恐らくポールのイメージが大きく変わることウケアイです。
それほどの名作ですよん。
by MASA (2012-05-25 22:25) 

はじめたろう

すっごく迷ってます。
パッケージの特典もさることながら、本編であるDisk1のリマスター、あるいは96kHz/24bit高音質データに惹かれます。
買っちゃおうかなあ・・・。正直、困ってます、苦笑。
by はじめたろう (2012-05-27 09:24) 

MASA

はじめたろうさん、何も迷うことなんかありませんよ、買いましょう(笑)。
ワタシもハイレゾ音源には興味津々なのですが、まだ再生出来る環境がありません。
いずれはチャレンジしたいですが、とにかくこれ、買いましょう(笑)。
by MASA (2012-05-27 23:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。